病気で弱った母の言葉を期に本気で婚活開始!

結婚相談所 東京

35年間、理想の女性に出会えても「いい人なんだけど・・・。」とフラれ続け、結婚なんてしなくていい!できないし!と諦めていました。

そんな私を家族は冷ややかにみていました。

弟は数年前に結婚し、子どもも2人います。

親戚が集まる席なんかでは肩身の狭い思いを何度も経験しました。

それを見かねた叔父が見合いをしないかと言ってきましたが、お見合いで理想の女性と出会えるわけないし、自分のことを好きになってくれるはず無いと断っていました。

そんな時、母が倒れて入院しました。

幸いたいしたことはなくすぐに退院したのですが、それからすっかり弱気になっていて、「死ぬ前にお前の結婚を見届けて安心したい。」が口癖になってしまいました。

今まで親孝行らしい親孝行をしてこなかった私は、この言葉を期に本気で婚活することを決めました。

まず連絡を取ったのはお見合いを薦めてきた叔父でした。

タイミング悪く、以前のお見合い相手はもう結婚が決まったとのことでがっくりしていたところ、叔父が結婚相談所の存在を教えてくれました。

東京にある結婚相談所で、入会女性数が多い事、35歳の私でも釣り合う年齢の女性が多く居ることが相談に行く決定打になりました。

まずは電話をして、無料相談の予約を入れました。

無料相談は結婚専門のアドバイザーの方が話をしてくださり、こちらの質問や疑問もとても分かりやすく答えてくださいました。

その場で入会の手続きをして、個人情報を登録しました。

私の入会した結婚相談所は、マッチング方式をとっており、お互いの条件に合った相手を選出し、相談所より紹介をうけるというものでした。

入会から二週間ほどで最初の紹介があり、その方と意気投合して何度かデートをしました。

長い間「いい人止まり」だったので、女性の扱い方などを相談所のスタッフの方にアドバイスを貰ったりしました。

おかげでその方と親密な関係になり、結婚を前提にお付き合いを始めることが出来ました。

それを報告した時の嬉しそうな親の顔が今でも忘れられません。

Recommended Reading